本文へスキップ

「エコ住宅のすすめ」 光熱費ゼロを目指せ!!

光熱費ゼロ住宅

LED電球のすすめ/エコ住宅、光熱費ゼロの家

LED電球のすすめ

この夏以降、注目を集めている「LED電球」。

以前から発売はされていましたが、08年までに発売されたものは、1個1万円と高額。

しかし、09年夏、4,000円以下のランプが発売されたことにより、続々と新製品が登場。

これにより、一気に普及が進むと期待されています。

ここ数年、白熱灯から電球型蛍光灯への置き換えが推奨されましたが、LED電球は、その電球型蛍光灯よりさらに消費電力が少ないことが一番の注目ポイントと言えるでしょう。

LED電球と白熱灯を比べれば、1/7〜約1/8近くも消費電力は減っています。

低消費電力と言われていた電球型蛍光灯と比べても、半分に迫る勢いです。

消費電力が少ないということは、それだけ排出するCO2も少なくなりますので、環境への負荷が軽減できるということになります。

仮に、白熱灯60W・1個をLED電球に交換するだけで、年間で約67kgものCO2が削減できます。

玄関や門灯など、点灯時間が比較的長い照明なら、この程度の効果がでるということです。

これはかなり大きな効果ですね。

また、LED電球のもうひとつのメリットは電球自体が長寿命であるという点。

電球の寿命を時間で示す「定格寿命」は、白熱灯が1,000時間、電球型蛍光灯が12,000時間、LED電球は、なんと40,000時間です。

ちなみに、40,000時間とは、1日10時間点灯するところでも10年間以上使える計算となりますから、LED電球がかなり長寿命なのが、お分かり頂けるかと思います。

ただし注意したいのは、1日4時間点灯なら10,000時間(30年)もつ訳では無いという点。

これは、LED自体の寿命より点灯回路の寿命が先に来てしまうからです。(ちなみに、インバーター回路を持つ電球型蛍光灯でも条件は同じ)したがって、長い時間点灯する場所の方が、より有効と言えるでしょう。

長寿命は、取り替え回数がぐんと減るのがメリット。取り替え手間や買い置きの手間などが軽減されるのはもちろん、吹き抜けや高い場所など交換が難しい場所には、安全面でもおすすめです。

また、LED電球1個分の寿命は、白熱灯40個分になりますので、電球の材料費や梱包材・輸送時まで考えると、CO2削減に大きく貢献すると言えます。



スポンサードリンク

リフォーム ホームプロエコ住宅

エコ住宅 蓄熱式電気暖房機とは

エコ住宅 太陽光発電のすすめ

エコ住宅のすすめ 太陽光発電のメリット

オール電化 太陽光発電の仕組み

 太陽電池とは

 電気を売るって?

 地球温暖化とは

 住宅エコポイントとは

 LED電球のすすめ

 ロハスの家とは


当サイトはリンクフリーです
また相互リンクの募集中です
お申し込みはこちらから